• このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜で建築士と共につくる理想の注文住宅

大手の住宅メーカーの家づくりは、工場で生産されたものか、現場でつくるにしても規格が決まっている場合がほとんどです。理想的な家を建てようとする時、大手の住宅メーカーに依頼したのでは叶わないケースがあります。そんな時は、設計士を抱える地元の業者に依頼する方法が考えられます。 横浜で注文住宅を建てる場合は、思い通りの家を建てたほうが幸せです。一生に一度の買い物と言われる注文住宅では、自分の理想とする住宅を追求することが大切です。 設計士は、施主が理想とする家づくりに付き合ってくれます。営業マンと異なり、設計士はとっつきにくいと感じることもありますが、技術的なことや法律のことなど、相互に相反する条件を満たすのが設計者の役割で、気さくに振舞っている余裕は無いかもしれません。しかし、設計士はまじめで、施主の依頼に忠実に応えます。

理想の家を建てるための建築士の役割

横浜で注文住宅を建てる場合は、建築士の役割を理解する必要があります。プランニングを自由に行うためには、設計士の関与が欠かせません。事前にどんな家かが決まっていない自由設計では、設計士の力量が、住宅の質に大きく関わります。 設計士の役割は住宅の設計図を書くことです。設計図には施主の要望が取り入れられ、仕上げや仕様が書かれます。設計の中心となる平面図を決めるのも設計士の役割です。 ですから、理想の家を建てるには、自分の作品をつくろうとするのではなく、施主の要望を全力で叶えてくれるような、良い設計士に依頼しましょう。

遠慮はいけない建築士への依頼の仕方

建築士と設計打ち合わせをする場合は、自分の要望をくまなく伝えることが必要です。設計者は何でも知っているので、何も言わなくても良いだろうと考えるのは間違っています。 設計者は技術には詳しくても、施主の生活には詳しくありません。生活スタイルは人それぞれに異なります。自らの理想とする住まいを知っているのは自分だけです。どんな家を建てたいのかを、設計士に明確に伝えることが大切です。 設計者に伝える手段としては、要望を箇条書きにして、その内容を手渡すことが効果的です。打ち合わせの時の思いつきだけでは、伝えたい内容を網羅できない恐れがあります。簡単なスケッチで説明することも有効です。言葉だけでは伝わらない内容は、簡単なステッチや参考写真などで内容を伝える必要があります。