• このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜の注文住宅にシックハウス対策で自然素材が使われる理由

注文住宅を建設する際に多くの施主が気にするのは、シックハウスによるアレルギーの発症です。家の建設には様々な化学物質が使われることになります。接着剤や合板などホルムアルデヒドを発生させるものが多く、そのために24時間換気システムの設置が義務づけられています。 けれども微量なホルムアルデヒドでも、特に小さな子供はアレルギーを発症させやすいものです。 特に横浜のように都会でありながら自然に恵まれたエリアは住宅建設の人気を集めています。このようなエリアではホルムアルデヒド対策として、自然素材を使った家づくりが人気です。 化学物質を極力使わないことにより、健康に優しい住みやすい家にすることができるからです。他にも自然素材を使うメリットは色々とあるので知っておくと役立ちます。

自然素材を使うことの必要性について

横浜で注文住宅を建てる人は、その自然環境の良さを見込んで選ぶケースが多いものです。都心へも近く生活環境も整っているので、住みやすさも申し分ないというわけです。 そこで、その自然と調和するような、健康に優しい材料を使った設計が人気を集めています。ホルムアルデヒドを発生させることがないので、小さな子供でも安心して暮らせることになります。 また漆喰や珪藻土といった素材は、ホルムアルデヒドを吸着すると性質も持っています。実は家具からもシックハウスにつながる有害物質が発生するものです。それを吸着してくれるので安心できます。さらに余計な湿気も吸収してくれるので、快適な室内環境が維持されることになります。湿度が足りなくなると、今度は吸い込んだ湿気を放出してくれるので便利です。

自然素材が持つその他のメリットとは

注文住宅には様々なデザインがありますが、その見た目によっても住む人に色んなイメージを与えることになります。 例えば都心の家であれば、モダンなデザインは都会的な洗練されたイメージを与えます。逆に自然素材の家の場合には、木のぬくもりを感じさせてくれます。目に見えないホルムアルデヒドによっても健康に影響を与えられます。 けれども見た目の印象によっても、住む人の精神面に大きく影響を与えることになります。ぬくもりを感じられるデザインは安心感を与えてくれますし、子供にも良いものです。精神的な落ち着きが得られる家というものは、健康面でも安心することができます。そのために横浜での家づくりでは、シックハウス予防も含めて健康に配慮した設計が行われているというわけです。